コメントする

カードローンを利用することの不安がなくなりました

カードローンでお金を借りる前はちゃんと返済をすることが出来るのかなと不安を感じていたのですがちゃんと計画を立てて借りたのでしっかりと返済をすることが出来ました。

返済の期日をメールで教えてくれたりしますしATMでお金を返済することが出来るのでコンビニに行ったついでに返済をしました。
カードローンならお金がある時にちゃんと返せるのでよかったです。

一度上手く利用することが出来たので何度かカードローンを利用しています。
限度額が設定をされているので必要以上にお金を借り過ぎる心配もないです。
ちょっとお金が必要なことがよくあるのでカードローンには助けられています。

最初は不安に感じていたのに今ではカードローンのことを安心して利用しています。
利用しやすいことで信頼することが出来ましたし返済に困ることなく利用出来ています。

現在、日本にはたくさんのカードローン会社があります。
そして、昔と比べてカードローンの審査は通りやすくなっています。
カードローンはインターネットから簡単に申し込む事ができ、アルバイトやパ-トの方でも申し込む事ができるためとても普及しています。
また、無利息カードローンというシステムがあり利用されている方は多いのではないでしょうか?
これは、最初の1週間または1ヶ月間は無利息のためその期間内に返済すれば利息は一切かかりません。
しかし、それ以降は利息が発生するため利用する際は十分な注意が必要です。
また、カードを使用した際は目の前の現金が動かないためお金を使っているという感覚がなくなってしまう場合があります。
そのため、請求金額をみてびっくりされる方も多いと思います。
このような事態を避けるためにも、計画的に使用する事が大切です。
購入しようとしている物が本当に必要かどうかも考える事も大切です。
また、自分の生活水準しあった生活をする事も大切です。

そしてカードローン自体はとても便利ですが、向き不向きがあります。
お金を借りて使って気が付いたら結構な金額になっているという事がある人は、カードローンに無頓着すぎるからこそそうなってしまうわけで、カードローン利用者としては不向きです。

このようなタイプは最終的に自分のお金とカードローンで借りたお金の感覚が無くなって、気が付いた時には自己破産するしかない状態という事になってしまいます。
極端に言えば、最初からいざとなったら自己破産をすればいいという考えでどんどん加速していくタイプも同じです。

当然のことながら自己破産自体決して良い事でもなく、借りたお金を返さなくていいだけなんて簡単な事でもないのですが、こうなると感覚がマヒしているので自己破産する事が後々色々な事態になる事を言っても無理です。

逆にカードローンに向く人は、普段から家計簿などをつけて納出金をしっかり把握している人で、このタイプは自己管理能力が高いので、自分のお金とカードローン分のお金の感覚がしっかりしています。

カードローンをする前に自分がどちらのタイプかを把握する事が一番大切です。

コメントする

カードローンで多い失敗とは

カードローンは便利なものではありますが、中には使い方を間違ってしまい失敗をし、後悔をしてしまうケースがあります。
ですからそうならないためにも、失敗しやすいのはどういった事なのかを知っておくようにしましょう。

カードローンで多い失敗とは、油断による使い過ぎです。
やはり最初の頃には慎重にカードローンを使うのですが、だんだんと慣れてくるとどんどん大胆にカードローンを使うようになる人が多いです。
そうしていくうちに、金銭感覚が麻痺してしまい、必要以上に使ってしまうという事になります。

気がつくとかなり返済額になってしまっていたという方も多いので、そうならないように気をつけるようになさってください。
そうすれば、カードローンを使う際に失敗をしてしまうという事を避ける事ができるのではないでしょうか。
多くの方々にとって、このカードローンで多い失敗に関する事が参考になってくれれば、とても嬉しく思います。
どうぞお役立て下さい。

コメントする

カードローン申請時の誘惑とは

カードローンの申請手続きの時、当然、申し込む人は全ての申請書類に正直に記入しなければなりません。
たとえばアルバイトで会社勤めをしているのに正社員だと偽って記入してはいけません。
また、年収が300万円しかないのに400万円だと水増ししてもいけません。
そのような嘘は虚偽申告になります。絶対にしてはいけません。

しかし、「どうしても審査に通りたい」などと切羽詰まった状態だと、時には「少しくらい他社からの借り入れ額を少なく記入しても大丈夫だろう」などという思いが頭の中に湧いてくることがあります。
でも、それは悪魔の誘惑のようなものです。
そんな誘惑は断固として断ち切らなければなりません。

確かに他社からの借り入れ額が多いと、間違いなく審査には不利です。
誤魔化したくなる気持ちも分からないではありません。
しかし、そんなすぐバレるような嘘を付いても心証が悪くなるだけです。
他社からの借り入れ件数や金額の嘘など、カードローン会社は個人信用情報機関によって全てお見通しなのです。

コメントする

カードローンとお金持ちの友人

もしも生活費が足りなくなるような金欠状態に陥ってしまったら、取りあえずは借金で急場を凌ぐしかなくなることでしょう。
そんな時、カードローンとお金持ちの友人、お金を借りるとしたら一体どちらが頼りになるでしょうか。
その答えは、カードローン商品や友人にもよるので、どちらが頼り甲斐があるのかは一概には言えません。
しかし、申し込んでも断られてしまう確率となると、友人のほうが高いのではないかと思われます。
なぜなら、ちょっと生活費が足りなくなるような小さな金額なら、カードローンの審査には普通に通るのではないかと予想されるからです。

それに対してお金持ちの友人は、貸してくれるかどうかは五分五分ではないでしょうか。
五分五分ならば確率50%ということになります。
またお金の貸し借りは人間関係を壊す事もありますから、その事も前提に行動に移してください。

その点、カードローンの審査であるならば、少なくとも50%を余裕で超える確率で審査には通ると思います。
いずれにしても、借金を申し込んでも断られるのは辛いことです。
それゆえ、いざという時に備えて、いつでも使えるカードローンを準備しておくのが賢明でしょう。

コメントする

多目的ローンを知らないカードローン利用者

カードローンは、多目的ローンの一種です。
つまり、借りたお金の使い道は原則として自由です。

自動車ローンや住宅ローンなどの目的別ローンとは、この点で根本的に大きく違うのです。
ですからカードローンでは、使う目的など気にせずに借りられるので便利なのです。
しかし、最近の多くのカードローン利用者は、多目的ローンについて知らない人が増えている傾向があります。特に若い利用者ほど顕著です。

つまりローン商品と言えば、カードローンやキャッシングなどしか知らないということなのでしょう。
それに多目的ローンについて知っている利用者も、普通はそんなこと意識せずにカードローンを使っています。
借り入れする際に、いちいち「ああ、多目的ローンは便利だな」などと意識する人は殆どいないことでしょう。
しかしローン商品を利用する以上は、各商品の基本的な特徴について、知っておいて損はありません。
それどころか、ローン商品の知識は多ければ多いほど、賢く利用することができるようになれるのではないでしょうか。

コメントする

低金利カードローンの代表格は銀行

もしアナタがカードローンを作りたいと思ったらどこの金融機関で行ないたいでしょうか。
勿論、様々な場所を想い浮かべるとは思うのですが、やはりここでは銀行を選びたいですよね。
何といっても、低金利カードローンの代表格と言っても良いでしょう。
近年では、非常に様々な消費者金融や信販系のカードローンも努力を重ね、金利を引き下げていました。

しかし、ここはさすが銀行には敵わず、どうしても銀行の金利がこの業者の中では抜きん出てしまうのですね。
さて、この低金利カードローンなのですがまず、誰にでも同じ利率が提供されていく訳では無い、ということを考え得て行かなくてはいけません。
そもそもなのですが、銀行は低金利カードローンといって、利率が3.4%など、極端に安く嬉しいと思う方も少なくありませんが、実際の所、結果的には信用でその人独自のカードローンが決定していきます。

どういうことかというと、最高の金利が18%であったとすると、始めて銀行のカードローンを利用した場合には確実にこの利率での借入をすることになるので、注意が必要になっていくのです。
もちろん、様々な要因は加味されますが、結果的には仕方ないので、従わざるおえない、ということなのです。
さて、この消費者金融なのですが、年利20%という場所もありますここが、最低金利が安く、低金利カードローンを打ち出していたとしても、実態はこれです。
人によっても多種多様な変化を見せて行くので、本当に注意をしてくださいね。